ERiのトロント留学

ERiのトロント留学

カナダで保育士を目指すアラサーの軌跡。

ECEの実習について②

さて、GBCの実習について第2弾です。

今回は実習中にどんなことをするのか紹介したいと思います。

実習は2年間で4回(各7週間)ありますが、だんだんとやらなければならない課題が増えてきてしんどくなってきます笑

おむつ替え、食事の準備、部屋の掃除、ベッドセッティングといった基本のお仕事、プラス、アクティビティの計画等。

子供は遊びを通じて人との関わり方を学んだり、体の使いかたや感情のコントロールを学んでいきます。だから個々の成長を日々観察してそれらをサポートしてあげることがECEの重要な役割です。

 

実習中の課題はこんな感じ。

  • Observation+毎日のアクティビティ計画 (各実習期間で24個ずつ)
  • Food Activity Plan (実習②③④で1回ずつ)
  • Field Trip Plan (実習③④で1回ずつ)
  • Staff Act (実習②では2日間、実習③④では1週間)

 

  • Observation+毎日のアクティビティ計画

実習中は毎日ノートにObservation(観察日誌)を書きます。これは、子供達がどういった遊びをしていてどのようなスキルを使っているかや、子供達の身体の使い方や発言等を記録していきます。例えば、

<Observation>

Aがカーペットの上でうつ伏せで横たわっていた。BがDramatic Centre(おままごとエリア)からブランケットを持ってきてAの体に被せ、"Night-night"と言いながらAの背中をぽんぽんと優しく叩いた。

<Skills>

Bは、お昼寝や夜寝るときの両親やECEの寝かしつけの際の自分の経験を重ね合わせ、Aが横たわっているところにブランケットをかけたり背中をたたいたりといった、他人への思いやりや相手への尊重を表した。

 

で、次の段階として、上に述べたSkillsをどのように"遊びを通して"伸ばしていくかを計画します。

<Activity Idea>

赤ちゃんの人形を数個用意し、子供達が人形のお世話ができるようにブランケットやおもちゃの哺乳瓶やベビーカーを並べておく。

 

このようなアクティビティを毎日計画・実行し、反省や次回どう生かすか等々のレポートを書きます。デイケアにあるおもちゃ等使うのももちろんOKですが、手作りのおもちゃを導入するのが推奨されます。私もたくさん作りました。大変。

f:id:higemushoku:20190729064500j:plain

↑Preschoolのお医者さんセット(聴診器が大ヒット!)

f:id:higemushoku:20190729064518j:plain

↑Toddlerのアイス型カラーマッチング(手縫い☺)

 f:id:higemushoku:20190729064534j:plain

↑ゴミ袋で作ったエプロン

 

  • Food Activity Plan

食育のような感じです。カナダの教育はDiversityをとても尊重するので、留学生ECEなんかは特に自分の国の食べ物を紹介することを推奨されます。私は幼稚園①でヨーグルトパフェ、幼稚園②で手巻き寿司、Toddlerでミニおにぎりを子供達と作りました。

手巻き寿司なんですが、真っ黒の四角い海苔が子供達には怖かったようで、ほとんど食べてくれませんでした笑 でも扇子でお米をあおいだり、しゃもじで混ぜ混ぜするのは初めての経験だったようで、そこは楽しんでくれました(+_+)

さて、赤ちゃんクラスに配置された場合、食育をどうするか。赤ちゃんはいろんな触感のものに触れて指先の感覚を養うことが重要といわれています。だから例としては、机にアルミホイルを敷いてヨーグルトをその上にぶちまけます。赤ちゃんたちはヨーグルトに触れてバンバン叩いたりぐるぐるかき混ぜたり。口に入れちゃってももちろん大丈夫、ヨーグルトだからね。

 

  • Field Trip Plan

ミニ遠足の計画です。

趣旨としては、子供達は家族やデイケアだけでなくコミュニティ全体で育てるものであるから、フィールドトリップを通じて子供達に身の回りにどんな施設があるかを紹介する、といった感じです。

コミュニティの中でできることを計画しなければならないので基本的には歩いていけるところを探します。スーパーとか図書館とか。

中には、消防署に電話して消防車やファイアファイターたちをデイケアに呼びつけたツワモノもいました。あとは、自分がチベット人だから、チベット人の知り合いを招待して伝統楽器の演奏をしてもらったりとか。気合い入りすぎ!

トリップの前にはニュースレターを作り、親にこの日にどこへ何のために行くのか等々をお知らせしたり、クラス全員の親から承諾書をもらったり。地味にめんどくさい。

 

  • Staff Act

本当のECEのようにクラスをまとめる、という課題です。

普段は他の先生に「これ、こうしといて」って言われたことをすることが多いんですが、Staff Actのときは自分が主導しなければなりません。

子供の出席確認をしたり、自分で時計をチェックして「あと5分経ったらお片付けしてお外に行きますよ」等、子供達にお知らせしたり、子供はもちろん他のECE達のリーダーになります。つらいんですこれ。だって先輩ECEの目の前でリーダーシップ取るなんて、そんなこと慣れてないよ。わたし日本人ダヨ。

実習②では2日間これをやればいいんですが、実習③④では1週間もリーダーをしないといけません( ;∀;)

 

とまあ、GBCの実習はこのような感じです。

めっちゃ大変だけど、卒業後にすぐに即戦力として働けるよう人間になるためのカリキュラムになっています。すばらしい!

 

ECEの実習について①

ジョージブラウンでのEarly Childhood Educationコースの実習についてお話しします😊

 

f:id:higemushoku:20190722231410j:plain

実習は全部で4回(各7週間)、いろいろな年齢のクラスで行いました。

GBC(George Brown College)のECEのスケジュール(9月入学の場合)はこんな感じ。

 <1年目>

  • 9月-10月   学校でのお勉強
  • 11月-12月 実習①(私はPreschoolで実習しました)
  • 1月-2月     学校でのお勉強
  • 3月-4月     実習②(私はKindergartenの9-15時の実習)
  • 5月-8月     夏休み

 <2年目>

  • 9月-10月   実習③(私はToddlerで実習)
  • 11月-12月 学校でのお勉強
  • 1月-2月     実習④(私はKindergartenのBefore&After Schoolでの実習)
  • 3月-4月     学校でのお勉強
  • 6月       卒業式

 

GBCは12カ所のLab Schoolと数十カ所の実習提携先を持っていて、クラスの年齢は極力希望に合うよう調整してくれるし、実習先は居住の場所のなるべく近い場所で、カレッジが提供してくれます。トロントは各エリアで様々な人種のコミュニティがあるのが面白いところで、私の住む地域は比較的ウクライナやヨーロッパ系が多いところなので、実習先は先生も子供も白人系が多かった気がします。実習②だけ、チベット系が多かったな。クラス半分くらいチベタンだった。

ダウンタウン中心部とかだとアジア系や南米等、ミッドタウンだと黒人系等も多いと思います。トロント中心から離れるともっと人種コミュニティが明確です。

余談ですが、移民多い系のデイケアの方が、他の先生や子供の家族との会話がゆっくりめだし、私のような移民前の外国人にも比較的優しく接してくれるような印象を受けましたw 白人ばっかのデイケアは会話のスピード激早で盛り上がる話題も違う気がした。

カナダは就職活動するのにコネクションがすごく重要な国。実習はとても大事で、そこで他のスタッフと仲良くなったり働きを認められたりすると「夏休みの間バイトしに来なよ」とか「卒業したらうちおいで」と声をかけられることもあります。実習中に仕事ゲットできた人うらやましい~~~😂😂

 

ところで私は2回Kindergartenで実習をしましたが、ここが少し特殊。

オンタリオでは幼稚園から義務教育がスタートするので、9時から15時までは「学校」の時間になります。幼稚園のクラスでは、「先生(teacher)」と「ECE(保育士)」の2人体制で指導します。学校にもよりますが、基本的にはteacherが日々の学習カリキュラムを立て、クラスを主導し、ECEはその補助的な役割をします。例えば、Kinderの子供達はパソコンの時間や図書館の時間、体育の時間、音楽の時間などがあります。そういった授業のときにECEも傍にいて、おしゃべりしている子を注意したり、途中でトイレに行きたくなった子の付き添いをしたり。teacherが子供の学習進捗度を考察するための個別指導している間に、ECEが残りの子供達に他のアクティビティをさせたり。また、ランチの時間は教育ではないので、teacherは教室にいません。だからその間はECEがクラスをまとめます。

9-15時の間はすべての子供達が一緒に"お勉強"するのですが、家庭によっては共働きでその前後の時間の保育が必要な場合もありますよね。そこで子供をデイケアに預けるのが「before and after school」です。

 

子供達の1日の流れとしては、

  • 7:30 - 9:00       デイケア
  • 9:00 - 15:00   Kindergarten
  • 15:00 - 18:00   デイケア

となります。Before and After schoolは完全にデイケア(保育所)と同じなので、teacherではなく、ECEのみで子供達のお世話をします。デイケアではおやつを食べたり、お絵描きやブロック、カードゲーム、校庭で遊んだりして過ごします。

ちなみに小学1年生から上の学年の子たちは、日中の学校の時間はECE無しでteacherだけで授業を行いますが、その前後でBefore and After schoolにも通う子がいます。日本にも鍵っ子教室みたいなんありますが、似たような感じだと思います。

カナダは11歳以下の子供を1人で放置することが法律違反になるので、必ず毎日送り迎えをしなくてはなりません。だから共働きの家庭等で9時ぴったりの送りと15時ぴったりのお迎えができない親は、義務教育児(幼稚園生と小学生)であってもデイケアのBefore and Afterに預ける必要があります。

親、たいへーん!

ちなみに同じ建物の中に小学校の教室とデイケアの教室が併設されている場合がほとんどです。だから、9時になるとECEがデイケアの子供をteacherに引き渡し、15時にはデイケアの子供をお迎えに行きます。

もちろん、赤ちゃんからpreschoolの子供達は一日中(7:30-18:00)デイケアの教室で過ごします。

 

さて話が逸れましたが次回はGBCの実習の内容についてもう少し紹介したいと思います😆🍀

 

トロントのカレッジを卒業した!

2017年9月にトロントのジョージブラウンカレッジのECEコースに入学し、みっちりお勉強した2年間。毎日エッセイにプレゼンにテストに実習に大変でいっぱいいっぱいで通学の電車で爆睡して「終点ですよ」って何度も起こされた2年間。人種多様なクラスメイトに刺激を受けながらも常識や考え方の違いに悩まされたこともあった2年間。学校がストライキ起こして1カ月以上も休校になったり、大雪過ぎて休校になったり、地下から水が溢れ出して休校になったりした2年間。

2019年6月、ついに卒業しました~^^

f:id:higemushoku:20190722224758j:plain

座学期間も大量の宿題でしんどかったけど、実習期間は1日8時間デイケアで過ごしてさらに毎日アクティビティプラン立てたり、フィールドトリップ(ちょっとしたお出かけ?)の企画したり、保護者向けにニュースレター作ったり、超大変だった~!週末しかやってなかったレストランのバイトも、2年目にはそれさえしんどくて辞めちゃってました。

George BrownのECEを考えている人のために簡単に2年間のスケジュール(9月入学の場合)をまとめてみます。

 

<1年目>

 9月-10月   学校でのお勉強

11月-12月 実習①(私はPreschoolで実習しました)

1月-2月     学校でのお勉強

3月-4月     実習②(私はKindergartenの9-15時の実習)

5月-8月     夏休み(オンラインのCollege Englishコースを取りました)

<2年目>

9月-10月   実習③(私はToddlerで実習)

11月-12月 学校でのお勉強

1月-2月     実習④(私はKindergartenのBefore&After Schoolでの実習)

3月-4月     学校でのお勉強

6月       卒業式

 

卒業式は女性はドレス、男性はスーツで出席するのが暗黙の了解と思っていたけど、かなりカジュアルっていうか、普段着で来てる人も結構見かけました笑

スニーカーとか、デニムとか。

ま、式の間は学校貸出のガウン着るから関係ないけどさ。

ジョージブラウンの卒業式はガウンのみで、ドラマでよく見る紐がたらんと垂れてるベレーみたいな帽子はかぶりません。私の夢だったのに。まあ髪型が崩れないからよかったということにしておこう。

 

式は全体で2時間半くらい。

国歌斉唱やネイティブカナディアンの伝統音楽の鑑賞やその他学長や保護者会代表のスピーチが長々とあった後、ECEコースの卒業生が1人1人名前を呼ばれて壇上でDiplomaを受け取る、といった流れ。

頑張った甲斐があってなんと成績優秀賞ももらえました^^

 

式の後は友達と写真撮ったりしたんやけど、カナダは家族と過ごすことをとても重視する国なので、みんな割とさぁーっと去っていきました。4月には授業が終わってたから2か月ぶりに会えたクラスメート達なのに、あんまりお話しはできなかった~。

f:id:higemushoku:20190722225012j:plain

 

式の後は旦那さんにちょっといいランチに連れて行ってもらいました💓

 

デイケアの夏休みバイト面接

これも2018.6に少し書いて忘れられてた記事。すみませんすみませんすみm

-----------------------------------------

f:id:higemushoku:20190429053047j:plain


 

5月から始まった4か月にもわたる夏休み、何かバイトしなきゃやけどどうしよう。どうせ夏だけの短期しか働く気ないし、この際ジャパレスでもいいけど。。

カナダは特に経験の有無が就職に強く影響する国らしく、それなら夏休みもできればデイケアで働いて経験値を高めたい!

てことで、KijijiやIndeedの保育士求人とか、ついでにCanadian Nanny.comでベビーシッターの求人を探して応募しまくり〜!

これらのほとんどはCPR-C(心肺蘇生法)や警察の無犯罪履歴、予防接種歴を求めてきます。ECE(幼児教育)の学生はこれらは全部クリアですよね。

 

Resume(履歴書)やCover Letter(自己紹介書)も準備し、いくつか面接を受けてきました。今回は特別に、私が実際面接で聞かれたことをご紹介します~ふとっぱら~!

幼児教育を専攻の方必見~!

 

まずは軽く雑談から

1. 何でカナダを選んだの~?

2. 日本では違う仕事をしてたみたいだけど何で保育士に転職しようと思ったの~?

↑ これやっぱ聞かれるよね~。しっかり考えておこう。。

 

そしてここから本格的な質問へ、、、

3. What makes you unique?

4. What do you bring to our daycare?

↑ "あなたを採用することで当園にどのようなメリットがあるの?"ってことを聞かれています。

 

5. What is your strategies when you face a difficulty like children don't listen to you?

6. How does learning happen in your class?

7. How do you make the outdoor play setting?

↑ これらの質問は学校や実習で習ったり経験したことがどれだけ身についているか、どのように実践されているかが試されています。特に6の質問!これはオンタリオ州の教育指針 "How Does Learning Happen?"の知識があるかを見られています。あとは年齢ごとのRatioやその他オンタリオのECEとして知っておくべき知識等が問われます。

 

8. What would you like to gain from our daycare?

9. How did you discipline yourself professionally?

↑ これらは自分自身についての質問。これまで社会人としてどう自分を磨いてきたか、ここで働くことによってそれらをどのように昇華させていくか等々。

 

そして最後にどのくらい出勤できるかや、持ってきたPolice Check等の書類確認など。

あと、うちが留学生とのことで、このStudy Permitを以てして本当に夏休み中フルタイムで働けるのかどうかなども聞かれました。ビザの紙面上には記載がないので、カナダ政府のサイトCICの該当部分を見せるしかないです。

あと、これ本当失敗だったんですが、正式な面接では

Resume, Cover Letter, Reference Letter (List)の3点セットが必要みたいです。夏休みの短期やから~と思ってReference Letter用意してなかった。甘くみてた><

 

とまあこのような段階を経て、夏休みは2ヵ月間、赤ちゃんクラスで働きました。幸せだった~♡

 

 

 

ムラシャンa.k.a.ムラサキシャンプー

次の冬が訪れようとしていますが、前の冬に少し書いてずっと放置されてた記事をリリースします。9ヵ月ほど遅れましてすみません。

以下、1月に下書きしてた記事。

---------------------------------------------------------

 

クリスマス前に髪の毛切ったんです10cmほど。だから何なんだって話なんやけど久しぶりやったからちょっと舞い上がりました。

あとカラーもしたんです。

アジア人の髪に慣れてる所に行きたいからChura hair salonさんにお願いしました。ケンジントンマーケットにあります。小さなヘアサロンでスタッフは全員日本人と思われます。ちょい高いけどいつもまずまず満足して帰れます。価格は東京の読モ御用達の有名サロンぐらいでしょうか。

今回は全頭にハイライトブリーチ入れまくって上からアッシュグレーを被せてもらいました。

ところでトロントのヘアサロン特に日本人経営のところはめちゃ高い。さらにチップ文化とかいう厄介なものが。別に払わんでもいいけど払わなければ何となく次回来づらいし…あゝ大胆な心が欲しい。

年に3回ほどしか美容室に通えないような貧乏苦学生になってしまったので、出来る限り限界まで持ち応えさせたい。日本でもアッシュカラーを長持ちさせるムラシャンは人気だと思いますが、ここトロントでも探してみました。

お気に入りの場所Shoppers drug store @yonge and bloorでいっちゃん安くてネットの評判もいいやつ買ってみた。

これだ。

f:id:higemushoku:20190429092726j:plain



 

パッケージには小さくpurple shampooと書いてあるものの、主にはblond hair shampooというキャッチフレーズで売り出してる模様。天然ブロンドヘア用、ブリーチ済みのエセブロンド用、なんかいろいろ種類あったけど、ちょうど1番安かったコレがフェイクブロンドorハイライトヘア用だった。

効果のほどはいかに。

日本のやつは出した瞬間まむらさき、つまり真の紫の液体がでてくるけど、この子は見た感じ普通のシャンプー。大丈夫か。

泡だてても普通のシャンプー。

ただし洗い流す時に多少黒っぽい紫の泡となって排水口へ流れて行った。

香りは美人の外人みたいなにおい。よい。

 

------------------------------

と、ここまでが1月に書いた部分。

それからこの夏2018.8にロングヘアを肩上までばっさり切りました。Churaさんで。いつも通りアッシュカラ―も入れてもらって。

ちなみにこないだのムラシャン(仮)の効果があまり分からなかったので、新しいの買いました。

Shoppersではこれだ!ってものは見つからなかったので、Beauty Supplyという美容専門店みたいなとこ行きました。検索したらトロント内でいっぱいあります。さすが専門店というだけあってヘアサロンのシャンプー台とかパーマ台まで置いてあります笑 そういえば昔ここでスキばさみを買いました。

んで、店員さんにおすすめ聞いたら、こいつが一番売れてるムラシャンだと。

 

f:id:higemushoku:20190429092825j:plain

使いさしなので変な形になってます。

これはすばらしい。

香りもまずまず、色抜け抑えの効果もまずまず、お値段よし。

数か月に一度しか美容室行けないあなたにもぜひおすすめです。

 

トロント最強スーパー、Nations Fresh Foods!

f:id:higemushoku:20190109071605j:plain

 

外食がとんでもなく高いカナダで節約するために自炊することはとても重要なことです。

 

近頃はそこらじゅうに韓国系スーパーが乱立し、和食を毎日作り続けることも全く苦になりません。

 

トロントに来たばかりの2016年頃は、日本の食材を求めてわざわざクリスティ駅の韓国系スーパーPATやチャイナタウンの中国系スーパー(汚いし匂いがすごいw)まで週末買い物に出かけていましたが、2018年の今やダウンタウンど真ん中に韓国系のH-martやGalleriaが数店舗でき、学校帰りにもさらっと寄ることができるようになりました。

 

それから何と言っても、家から歩いて数分のところにめっちゃでかい台湾系スーパー、その名もNations Fresh Foodsのグランドオープンが私たちの生活を更に便利に豊かにしてくれました。この地域で日本人を見かけることはほぼないので、身バレを覚悟で紹介しますが、最近はNations以外ではほとんど買い物しません。日本人見かけたら私やと思ってください。

 

ここはすごく広くて(ゆめタウンの食料品売り場くらい?)、普通のカナダ系スーパーでは見つからないような日本ぽい野菜たち、普通のニンジン、普通のキャベツ、普通の大根、しいたけ、シメジ、更にはゴボウ、れんこん、たけのこパウチまで手に入ります。調味料コーナーは国籍ごとにレーンが分類されてて、Japanese areaにはすし酢からほんだし、お好みソース、かつお節、こんにゃく、キューピーマヨ、お菓子コーナーにはキットカットからアルフォートまで何でも揃います。他には韓国、ベトナム、メキシコ、フィリピンコーナー等がどーんと待ち構えていますよ。Nationsはトロント内にはここ1店舗しかありません。なんて素晴らしい場所に住んでいるんだ

 

さて、お肉ですよね本題は。

 

和食って基本薄切り肉やバラ肉を主に使うと思うんですけど。(ですよね?焦)日本ではよくファミリーパックという名の大容量豚バラ、牛バラを小分けして冷凍しておりました。

 

カナダのスーパーにはかたまり肉しか置いてありません。これは困る。肉じゃがも野菜炒めも薄い肉が必要なんだー!まったく海外に順応する気がない私。しかし、Nationsには薄切り肉が置いてあるのだ。

豚と牛とラムの3種類がある。

f:id:higemushoku:20190429041528j:plain

冷凍の薄切りが一枚ずつロールされてる
 

これをいつも料理に使っております。

 

鶏肉に関しては、ここカナダはむね肉が主流であり、もも肉はあまり置いてない上、骨付き皮なし、もしくは骨なし皮なし肉しか見つからない!しかしここNationsでは!いつでも見つかるわけではないけれど、骨なし皮つきの鶏もも肉が置いてあるのだ。最高。

 

あとはミンチ肉ですね。ここ2年間ずっと悩んでいたんです。得意料理だったはずの麻婆豆腐がおいしくできない、と。なんかね、肉がパラパラにならなくて、硬いしとにかくまずい。んでやっと先日気付いたんです。カナディアンは脂の少ないお肉を好むのだと!(だから鶏肉もむねが主流なんですね)。

 

よく買ってたミンチ肉の表示をよく見ると「extra lean」と書いてあったのです。うち、これは「extraすばらしい肉」って意味やと思って好んで買ってたんですけど、ほんまめっちゃ大きな間違い。ほんまあほ。leanって脂の少ない赤身肉って意味で、うちの買ってたextra leanは最強のパサパサ肉だったのだ!笑

 ↓牛肉のミンチ比較

f:id:higemushoku:20190429042301j:plain

右側のLeanミンチの方がExtra Leanより脂多めで白っぽい

んでこないだregular ground porkという豚ミンチでマーボーしたら激うまやったよ。良かった~!やっと解決した~!今日また今週2回目のマーボーするねん♡

ちなみに合い挽き肉というものは存在しないのでハンバーグの時は自分で牛と豚ミックスする感じですね

 

ちなみにお肉の脂身表記、カナダ系スーパーLoblawsからその定義を引っ張ってきました。

Regular-赤身70%、脂身30%

Medium-赤身77%、脂身23%

Lean-赤身83%、脂身17%

Extra Lean-赤身90%、脂身10%

ちなみに日本の挽き肉って脂身30%ぐらいあるみたい。

スーパーによって定義は変わると思うけど、ぜひご参考に~☆

 

あ、こないだめっちゃおいしいステーキ肉見つけたの。日本人好みの脂身たっぷりの♡霜降り牛なんて好まれないから一切売られてないんやけど、置いてあるうちから一番白い筋が多いやつ選んで焼いてみたらおいしかった。部位はリブアイです。どこかはわかりません。

 

あと、牛タンがべろごと売られていたので(かなりグロイ&エグイ)、旦那さんがさばいてくれました。日本の焼肉屋さんと同じ味がした☆

f:id:higemushoku:20190429042612j:plain

旦那さんのインスタから写真です。可愛い笑顔で残酷に遊んでますね、ハイ。

https://www.instagram.com/p/BrzT0yhAy5x/

最後にお店の名前と住所

Nations Experience
Located in: Stock Yards Village
Address: 1980 St Clair Ave W, Toronto, ON M6N 0A3

英語に対する焦り。1年と9か月目。

f:id:higemushoku:20190429051955j:plain


2ndセメスターが始まったよ。

もうカレッジの4分の1が終わった。

カナダでの職探しまであと1年半しかない…

でもさ、うちの英語力って全然まだ幼児教育者として通用するレベルじゃないんよね。

子供に絵本読んであげて、喧嘩してたら仲裁して、悪いことしてたら何でそれがいけないか諭してあげて、、子供の親には今日の子供達の様子を報告して、怪我したり調子が悪い時にはそのシチュエーションを詳細に伝えたり、、同僚とは常にコミュニケーションを取り合って連携しなければならない。

今のままでは絶対こなせない。

 

新学期が始まった瞬間、グループアサインメントが大量に課されました。この先5週間の間に5つも!他にも個人の宿題もたくさん出てるしもういっぱいいっぱいだよー。

 

でもさ、ただ単に課題をこなすだけじゃなくて、英語力も着実につけていかなきゃいけない。そしたら他の留学生とか、ましてや日本人と一緒にグループ課題してる場合じゃないよね。

 

だから最近は授業始まるほんの少し前に教室入って、スッとネイティブらしき人の隣に座ろうとしてる。10分とか15分前とかに教室入るとどうしても仲良いアジアン留学生と一緒のグループになっちゃうし。。

 

アジア系だとちゃんとした言葉を話さなくても、文化的にも文法的にもワードチョイス等々が似てたりして、何が言いたいか理解し合えたりしてしまうからあんまり勉強にならないなーとか思って。

 

ECEはただでさえ留学生多いコースやから、完全に避けるのは難しいんやけど、アジア圏以外からの留学生はやっぱり喋るの上手。考え方もなんか違ってて出てくるアイデアが面白いから、いろんな人と話す機会をもっと増やしたいなと思います。せっかくカナダやしね。

 

もう入学して数ヶ月経ったから既に固定グループが出来上がってて、結構難しいんやけど、できるだけのことをしなくちゃね。。